スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<河村・名古屋市長>菅内閣に注文 「増税せんでちょう内閣」と命名(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は8日、菅内閣の顔ぶれを見て「増税せんでちょう内閣」と名付けた。

 同市長は、菅首相が増税に言及していることに対し、「名古屋の減税の挑戦が際立つ。国が増税や背番号による国民管理をするなら、(私が)強烈なメッセージを発します。国民の自由を守らないといけない」と話した。【高橋恵子】

「父親に贈りたい言葉」「娘に言われたくない言葉」は何ですか?(Business Media 誠)
<菅首相>11日に所信表明演説(毎日新聞)
日露海戦の詳細記述…秋山真之の書簡を寄託(読売新聞)
一人で辞任は無責任=小沢氏(時事通信)
店長に怒られカニ、イカ死なす=いけすに洗剤、元従業員逮捕―北海道函館市(時事通信)
スポンサーサイト

「首相支える」「長い目で見て」=続投支持相次ぐ―各閣僚(時事通信)

 民主党内で鳩山由紀夫首相退陣論が拡大しているのに対し、閣僚からは1日午前の閣議後の記者会見で、続投を支持する発言が相次いだ。
 「ポスト鳩山」に名前が挙がる菅直人副総理兼財務相は「首相を支える立場に変わりない」と強調。前原誠司国土交通相は「首相がころころ代わるのはいかがなものかと思う」と指摘し、仙谷由人国家戦略担当相は「(首相が)代わることは全く想定していない」と語った。
 首相批判は、参院選を控えた参院の労組出身議員が口火を切り、党内で広がった経緯がある。自動車総連出身の直嶋正行経済産業相は「長い目で見てもらい、鳩山内閣としてさらに努力していく」と首相を擁護。千葉景子法相は参院選に向け「特効薬はない」と語った。
 参院選に4選を目指して出馬予定の北沢俊美防衛相は「選挙の時はいろんな話が出てくる」と受け流した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~社民、連立政権を離脱~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実
閣僚席次、福島氏辞任で変更

<脅迫容疑>記事に不満?朝日記者脅した医師逮捕 茨城県警(毎日新聞)
「社民党とは賛成する法案では同じ行動をしたい」 首相会見(産経新聞)
谷亮子、“後見人”小沢幹事長辞任も「揺るぎはない」(スポーツ報知)
ネット選挙解禁法案で紛糾=衆院委、午前は開会できず(時事通信)
「地元合意ない」「手順おかしい」=普天間で政府批判相次ぐ―民主(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。